自称愛妻家にして子煩悩なキャラクターを嫌味なくらい推し続けていますが、

実際はどうなのか他の方々と比べたことがないのでよく分かりません。

話は変わりますが、先日HERNOの展示会にお邪魔しましたのでその模様を少し

ご紹介させて頂きたいと思います。
image
HERNOといえば?

メンズでも絶大な人気を誇るイタリアのラグジュアリーアウターブランドですが、

レディースでの人気っぷりは更にその上をいくそうです(驚)

以前は超軽量ダウンがその代名詞でしたが、昨今は機能性とデザインを絶妙に融合

させたアウターや、HERNO本来のラグジュアリーな雰囲気のものまで幅広いコレ

クションで市場でも高い評価を得ているそうです。
image
写真は↑その展示会の模様ですが、この3倍くらいのサンプルが所狭しと並べられ

とおり、その中から我がbigliettaのお客様がお好きそうなアウターを一つ一つ

セレクトしていきます。

春のアウターということで、どうしても納期が重要になってまいりますので、

カワイいのに納期が4月かよ!?ということで泣く泣く諦めたサンプルも・・・(汗)

といことでこの辺りはお勧めです↓
image

image
HERNOらしいエレガントで上品な、でも春に軽快に羽織れる素敵なアウターです。
image
ここ数シーズンはレディースでも人気の高機能素材のラミナー。

来春お勧めのオフホワイトは凄くカワイかったですよ!
image
もちろん春でも軽量ダウンはセレクトさせて頂きました。

この他にもいくつかセレクトさせて頂いておりますので、来春のHERNOに是非

ご期待下さいね!

そして・・・
image
またやってしまった・・・(汗)

多分ろくな子供にならないですね(涙)

分かっちゃいるけど・・・なんです(汗)

イタリアが大好きな僕はこのブルゾンをネイビーでオーダーしてしまいました。

その時は息子が喜んでくれたら嬉しいなぁ〜と思っていましたが、今よくよく

考えてみると・・・

息子はやっぱりおもちゃが好きなので、子供の為ではなくプレゼントしている

自分が気に入ってるのかもしれません(謎)

ちょっとこのキャラ設定を変えてみようかなと、皆さんにとりましてはどうでも

いいことを考えつつ本日は〆たいと思います。

 

fukuonsei BLOGをご覧の皆さん!

今年の秋冬のコート、アウター戦線は絶対に見逃せませんよ〜!

それは何故か?

何故って・・・(汗)

昨年のコート、アウター戦線は我がbigliettaのみならず、日本の業界全体が惨敗に

終わりました(汗)

昨年はそこかしこで、景気と暖冬の影響で・・・という言い訳がまことしやかに

語られていました。

もちろん景気の問題もあるでしょうし、天候の影響もなくはないと思いますが、

実際は皆さんカワイいアウターは毎年絶対に欲しいはず!?

そう、僕達の提案が皆さんの心をつかめていなかっただけだと僕は思っています。

ということで今年はアウター、コートのバリエーションを豊富に揃えさせて頂き

ましたので、見逃せない・・・というより、見逃さないで下さい(願)

その秋冬のお勧めアウター第一弾が入荷して参りましたので、滅多に入荷報告を

しないといいますか、恐らく初めてくらいの新作入荷のご紹介をさせて頂きます!
image
ミラノでの現地発注ブランドで、伝統とモダンが絶妙に融合した、日本人のみならず

世界のバイヤー人気は絶大だけれど、日本ではそれ程出回っていないことで

お馴染み?のLoden Talです!
image
いやぁ〜、それにしてもカワイい!

キャメルにダブルフェイスの裏地がオフホワイト!

裏にもブルーのパイピングが施されていて凄くいい感じ!

先日女の子が産まれたので、1人目の男の子と兄弟で着れます!?

兄弟で・・・(汗)

よ〜く見ると何だか小さい様な(汗)

付けてあるタグには・・・
image
そうなんです、つまらない寸劇をしてしまいまして申し訳ございません(謝)

展示会の傍に掛かっていた子供用のサンプルを見つけまして、こそっと6歳サイズを

個人オーダーをしてしまいました(汗)

あまりにもサンプルがカワイ過ぎて、もう間もなく4歳になる息子と、まだ4ヶ月の

娘が2人共着れそうなので思わず購入してしまいました。

本当に分かっちゃいるけど止められません(汗)

子供が好き×洋服が好き=購入です(汗)

ということで本題!
image
定番のローデンコート。

いつもより軽い生地と仕立てでカワイさに着易さがプラスされました。

キャメルにピンクの裏地もいい感じです。
image
写真では分かり辛いかと思いますがブラックとネイビーのコンビネーションに

なっています。

凄く上品で、ちょっとシャープな大人カワイいコート。
image
丈に拘りまくったロングのコートジレ!

その模様は以前のBLOGでご紹介した通り。
image
絶対カワイいパリジェンヌ御用達のマント!

ワイドパンツ流行りの昨今ですが、スキニーにブーツ、ニットキャップがカワイいと

思います。

その他にもチェスタータイプがあったりと、我がbigliettaなりにはいつもより多く

セレクトさせて頂きました。

実はこのLoden Tal、かなり細かく色のコントラストや使用を指定できます。

ですので、多分、多分ですが、他には出回らないものがほとんどかと思います。

唯一無二でありながらもどこかトレンドも感じられる、しかもベースがトラッドな

ので長く着れる素晴らしいコートです。

ということで、4ケ月の娘が成長して着れなくなっても、大切に保管していつか

孫にも着せたいと思っております(汗)

失礼致しました、結局何が申し上げたかったかと申しますと、Loden Talは孫の

代まで着せたい素晴らしいコートだということだけ申し上げて、本日のfukuonsei

BLOGを〆たいと思います。

 

弊社は2006年3月、京都の六角柳馬場にメンズオンリーのショップをオープン

させたことからスタートしました。

その後2011年にレディースのbigliettaが始まりました。

僕はオープンする前からクラシコモーダと呼ばれる、クラシック、トラッドを

ベースに少しモードなエッセンスを加えたスタイルが好みでしたので、終始一貫して

そのスタイルを突き詰めてきたつもりです。

あくまでベースはクラシック、トラッドですので、もちろん大好きなジャンルで

はありますが、反面モードへの憧れも並々ならぬものがあります。

その憧れがモードをエッセンスとして加えるクラシコモーダに行き着いた経緯では

なかろうかと自己分析しております。

とまあ僕の好きな洋服のテイストなんて誰も興味がないかと思いますが、何が

申し上げたかったかと申しますと、2017年春夏から我がbigliettaでスタート

することになりましたMM6 Maison Margielaの展示会にお邪魔して、やっぱり

モードって素晴らしいなあ!と感動したことと、絶対にカワイい大人の女性には

ピッタリでお勧めだということを申し上げたいだけでした。

前置きが長くなりまして申し訳ございませんでした・・・

コレクションの中には我がbigliettaには行き過ぎたデザインのものももちろん

ありますが、大人の女性が日常で気兼ねなく取り入れることのできる、日常に

デザインという潤いを加えてくれる、日常がワクワクするアイテムばかりを厳選

しているつもりですので、少しご紹介させて頂こうと思います。
image

image

image

image

image
最も驚かされたことは、吊るしてあるのと実際着てみた時の雰囲気の違い(驚)

絶妙なドレープとえも言われぬ趣があります。

クラシック、トラッドとは一線を画する、でもどこかその香りのする物作りの

拘りとデザインの融合が僕の目には新鮮ですし、実は馴染み易いです。

2017年春夏からスタートさせて頂きますMM6 Maison Margiela!カワイい大人の

女性は是非!!

 

梅雨、やっと明けましたね!!(歓喜)

癖毛がコンプレックス過ぎる僕には朗報中の朗報です。

梅雨が明けると待ちに待った夏です!

オーバーフォーティーになった今でもやっぱり夏はワクワクします。

今年もそんなに長期の休みもなく、自称愛妻家にして子煩悩な僕にはちょっとした

アバンチュールも御法度なので、唯一の楽しみは子供達と遊ぶことだけ・・・

まあでもそれが一番の幸せなんですが、その他にも少しは夏を満喫したいところ

です。

夏と言えば?

お酒が唯一の趣味の僕には、冷えたビールか日本酒、ちょっと贅沢にシャンパン

が最高ですが、食べ物は辛くて熱いキムチ鍋なんかが気分です。

ちなみに僕は夏でもちょっとイキって、アイスコーヒーではなくホットコーヒー

しか飲みません。

まあ僕のイキり具合なんてどうでもいいことなんですが、何が申し上げたかったか

と申しますと、そうなんです、来年の春は?春も?少しイキって?やせ我慢して?

コートはロングが是非お勧めです。

先日MACKINTOSHの2017春夏の展示会にお邪魔して参りましたが、やっぱり

今はコートはロングがカワイいです。
image

image

image

image
ショールームの写真では分かり辛いかもしれませんが、サンプルもいつもに増して

膝下のロングが多かったです。

ロングのスプリングコート・・・確かにエレガントでカワイい!?

でも日本人にロング、しかもスプリングコート(汗)

欧米の女性と比較すると身長はどうしても平均的に低くて、しかも日本の気候は

欧米のそれとは違う・・・

でもちょっとイキってロング!いいですよね!?

だってカワイいし!
image

image
その中で我がbigliettaが厳選したコート達⬆️

日本人にも抵抗のない調度いい長さのちょっとロング。

凄くかっこカワイいのでお勧めです。

2017の春は少しイキってロング!です。
image

image
ちなみに2016秋冬からスタートしましたMACKINTOSHのデニムコレクション。

こちらもオーダー致しました。

このデニムコレクション、かなりカワイいです!

しかも価格もちょっとカワイいので是非ご期待下さいませ!!

 

にも関わらず更新頻度の少ないfukuonsei BLOG・・・(謝)

緩さが自慢のこのBLOGですが、緩いにも程がありますので、何度も申し上げて

おりますが、少しは気を引き締めて更新したいと思っております(汗)

言い訳になりますが、切羽詰まらないと重い腰が上がらないタイプでして、毎日

更新必須の弊社のメンズBLOGを担当していた頃は、それがいい意味のプレッシャー

かどうかは定かではありませんが、常に頭から離れなくて、プライベートの旅行な

んかでも寝る前に酔いながらBLOGを更新していたものです。

何だかあの頃が懐かしい思い出・・・いやいや、それだったら懐かしいがらずに

fukuonseiも更新しろよ!て話ですよね(汗)

やっぱり自分と子供に滅法甘いこの性格を変えるのは無理でも、改善する努力は

しないと駄目なのは分かっているので、BLOGの更新、心掛けます!?

といことで展示会にて気に入ったブランドなんぞを真面目にご紹介させて頂き

たいと思います。
image

image
我がbigliettaのオフィシャルBLOGでも昨日からご紹介させて頂いております、

2016F/Wから新スタートのJulian David!!

もちろん新入荷の秋冬物もカワイいですが、2017春夏のコレクションもかなり

ブッ飛ばしてます!

ただこのJulian David、テーマが今ひとつ良いのか良くないのか分かりません。

例えば、前回のメインのテーマが以前のBLOGでもご紹介させて頂きましたが、

懐かしのロボットアニメ、UFOロボ・グレンダイザー。
image

image
そして今回が何と!?高知の海の波・・・(汗)

高知の海の波!?

よ〜く見るとTシャツに坂本龍馬の銅像がプリントされてますやん!?(汗)

そりゃあ坂本龍馬を育てたあの高知の桂浜は壮大で美しいですが、それにしても

高知の海の波って・・・と心の中で呟きつつ、波そのままのプリントは見て見ぬ振り

をしまして、その波にインスピレーションを受けられたという?カワイいアイテム

をセレクトさせて頂きました。
image

image

image

image

image
どこに高知の海の波のエッセンスがあるのか僕には理解できませんでしたが、

デザイナーのみぞ知るところがコレクションブランドの良いところ(?_?)

親日家である彼が日本の伝統ある職人技に興味を持ち、ラルフローレンにいた

経験からも、何となくトラッドなフレーバーも感じさせられるコレクションは、

都会的で知的な大人の女性に絶対カワイですよ!!

 

image
今フランクフルトの空港にて関西国際空港行きの飛行機を待っております。

前回のfukuonsei BLOGのアップがイタリア出張行ってきます!BLOGでした。

もし現地で素敵な情報があれば更新させて頂きますと言っておきながらの帰国

直前BLOG(汗)

素敵な情報はメンズの展示会ですので確かに少なかったですが、ない訳でもない

のにこの有様(謝)

最近こんな感じのBLOGが多いような気がしますので自分が嫌になりますが、

もう少し諦めずにこのBLOGを継続させて・・・あかん!あかん!何かやめる

ことも視野に入ってそうなので、ポジティブにBLOGの更新をしたいと思います!

何せ来年の2月には弊社の社運を賭けたプロジェクトがあるというの・・・いえ、

何でもありません㊙︎

ということでタイトルにもありましたが、メンズではありますが、INCOTEX擁する

スローウエアさんのミラノのショールームに今回初めてお邪魔致しましたので、

拘りの詰まった雰囲気をご覧下さい。
image

image

image
2017春夏のテーマはイタリアの漁師町として知られる”ブラーノ島”だそうです。

ブラーノ島は漁から帰ってきた男性が、すぐに自分の家と分かるようにカラフルに

彩られた街並みが特徴のいつかは行ってみたい街です。

テーマの通りブラーノ島からインスピレーションを受けた、ペールトーンの色目

が目を引きました。

いつもテーマはメンズ、レディース共通なので、きっとレディースのテーマも

ブラーノ島だと思います。

ここ最近我がbigliettaのみならず巷でも人気のINCOTEXですが、先日東京で

行われたプレコレクションも素晴らしく、来年の弊社の社運を賭けた

プロジェ・・・もとい、レディースの商品構成には欠かかせないと思いまして、

いつもに増して発注して参りました!
image

image

image

image

image

image
写真はもちろんほんの一部です。

形、素材、色・・・ベーシックなものからちょっと特徴的なものまで、自分達

なりにですが、かなりご用意させて頂いたつもりです。

メンズも凄く良かったですが、レディースも負けず劣らず・・・いえ、何だったら

勝っているくらですので、是非2017春夏のINCOTEXと弊社の社運を賭けた

プロジェ・・・いえ、INCOTEXにご期待下さい(汗)

それでは今から帰国致します〜!!

 

image
皆さん、ボンジョルノ〜!・・・もとい、おはようございます!(汗)

いやぁ〜、朝から変なテンションで申し訳ございません。

実は不肖私、明日からイタリアはフィレンツェで開催されます、半年に一度の

メンズファッションの祭典PITTI UOMOに参戦すべく、今関西国際空港におりまし

て、妙にテンションが上がってしまいましたことお詫び致します(汗)

今回もメンズの展示会ということで、なかなか我がbigliettaにとって有益な情報は

少ないかもしれませんが、もし何かあればこのfukuonsei BLOGでご報告させて

頂きたいと思いますので、良かったらたまにポチッとチェックしてみて下さいね。

話は変わりますが、思い起こせば昨年の9月のミラノ→パリ出張にて、このBLOG

でも恥を承知でご報告させて頂きました、パスポートの残存期限切れによる出国

出来なかった事件(汗)

僕のつまらない事件なんぞ皆さんは記憶にないかもしれませんが、当の本人は

もちろん今でもトラウマとなって鮮明に頭に焼き付いていることは言うまでも

ありません。

もちろんその反省をオーバーフォーティーにもなって活かさない訳がございません!

あの事件以降、早め早めにチケットを取ることはもちろん、有効期限等もこまめに

チェックするように心掛けております。

まあ自慢することでも何でもないのですが、僕は生まれ変わりました!

その証拠に今回は、関西国際空港に行く特急はるかのチケットもいつもは当日

みどりの窓口で購入していましたが、何と数日前に購入済み!

意気揚々と京都駅に余裕を持ってやって参りまし・・・あれ!?数日前に購入した

はずのチケットがない(汗)

どこを探しても見当たらない(大汗)

あちゃ〜、またまたやってしまった(泣)

チケットを家に忘れてきてしまいました・・・

本当に自分が嫌になります(涙)

逆、有森裕子さんです・・・しかもスベってるし。

泣く泣くみどりの窓口で新しいチケットを購入しました(悲)
image
紛失再の赤字が心に刺さります・・・

でも地獄に仏!

事情を説明すると駅員さんが、「忘れたチケットと今回のチケットをまた持ってきて

頂ければ、少しの手数料は頂きますが払い戻し出来ますよ。」という天の声(嬉)

本当に有難うございます!

これで気持ち良くイタリアに行けそうです。

仕事や勉強は精一杯頑張らないと駄目ですが、日常生活おいてはやっぱり自分は

自分です。

無理し過ぎず自分らしく、今までよりほんの少しだけ努力するくらいが良いのでは

ないかなと思いつつ、イタリアに行って参ります〜!

では、ciao!ciao!

 

実はもう既に2017年、そうです、来年の春夏のバイイングが早くも始まって

おりまして、その模様を伝えないと、伝えないと・・・と思っているうちに

かなりの日数が経ってしまいました。

思い起こせば前回のfukuonsei BLOGは、僕個人の第2子誕生の話題と、さして

必要のない情報提供に終わりました。

以降約2ヶ月余り、更新をサボっていたのはイクメン?として仕事と家庭の両立が

忙し過ぎた・・・訳でもなく、何となくバタバタと余計なことを考えることが

多くてBLOGを更新するテンションにならなかったことに他ありません(謝)

余計なことをかぁ・・・

考えても仕方のないことばかり考えてしまうのは人の性なのか、僕自身の性なのか

は分かりませんが、お陰様で弊社も少しだけ人数が増えて、お店も増えて、そして

負債も増え・・・もとい、必要な資金も多くなり、成長と共に起こる必然的な

小さな問題にヤキモキなんかして、情けない限りです(汗)

よくよく考えてみると、その問題も避けては通れない、むしろ成長したからこそ

起こり得る問題ですし、ことプライベートでは2人目の娘も妻も今の所はですが

順調で、愛息子も4月から幼稚園に通いだしまして、最初は「行きたくない!」と

毎日の様に泣いておりましたが、今では楽しそうに幼稚園に行ってくれております

ので、本当に贅沢で有り難いことです。

ということで何の話をしたかったかと申しますと、fukuonsei BLOG!2017年

春夏のバイイングを皮切りに再スタート致します!!

それでは展示会の模様を!・・・と言いたいところですが、ここで質問が?
image
申し訳ございません、画像はどこからか拝借させて頂きました(謝)

5月の末、新幹線に意気揚々と乗り込みまして、いざバイイングに!と思って

いた矢先、新幹線は月曜日ということで満席。

僕は3人掛けの真ん中の席しか席が取れなかったので仕方なく真ん中に小さく

腰掛けておりましたが、後から来られた通路側の方が両肘掛に手を掛けて、あろう

ことかほんの1〜2センチ僕側にはみ出してくるではありませんか!?(怒)

小さい奴と思われようが、かなり気になってしまうのが人情です。

共有の肘掛には肘を掛けないのがマナーやろ!と心の中で叫びながら、実際は

早い者勝ちか、図々しい者勝ちか分からなかったので、ヤキモキしながら品川に

着きましたが、本当のところはあの肘掛はどうすればいいのでしょうか?(謎)

皆さんどう思われま・・・あかん、あかん(汗)

つまらない余計なことを考えるのやめようと思っていたところでした(汗)

次回からちゃんとBLOG更新しよ〜っと!と心を改めまして、本日の久しぶりの

BLOGを〆させて頂きたいと思います。

ほんまになんのこっちゃ!?(謝)

 

自称愛妻家にして子煩悩なキャラクター設定のわたくし(汗)

そのキャラクターをさらに確固たるものにする出来事が起きました。

はい、そうなんです、実は先日2人目の子供が無事に産まれました!!(大喜)

四捨五入すると40ですが、四捨五入すると50になる年齢まであと少し・・・

その年齢にして妻は本当に頑張ってくれましたし、それまでも頭が上がら

なかったのに、もう一生頭が上がらないかもしれません(汗)

今のところ母子共に健康ですので、本当に有り難い気持ちです。

でも実のところ、この2人目をどうするか?かなり夫婦で話し合いを重ねました。

年齢的にどうしても不安はある。

当時2歳になる息子はもちろんカワイくて仕方がないけれど、街で赤ちゃんを

見ると、あの時にはもう絶対に戻れない懐かしい気持ちも既に芽生え・・・

甘やかし過ぎてしまった息子の為にも兄弟がいた方がいいかなとも。

そして!

元々1人目は女の子がいいなぁ〜と思っていた僕達夫婦にやってきた最高の

男の子!!

でも女の子もやっぱり欲しい・・・

夫婦で女の子を授かるように努力しようと決断しました。

そして早速書店に走って買ったのがこちら⬇︎
image
内容は夫婦生活にまで及びますので、ここでは控えますが、頑なに書かれている

まんまに全てを実践しました。

本によりますと、運良く授かったとしましても、それでも女の子を授かる

可能性は60%。

もちろん男の子を授かっても絶対に大切にしようという約束はしておりました。

その結果、授かったのは女の子(涙)

もう僕はこれで十分幸せです。

これからは世の為人の為に生きようと決めましたが、気が変わったら本当に

すみません。

人の気持ちは変わり易いと思いますが、今は嘘偽りなくその一心です。

ということで、何が申し上げたかったかと申しますと、もし男の子が欲しい!

いや女の子!という方がおられましたら、責任はもちろん自己責任で

お願い致しますが、この産み分けの本はお勧めです。

 

やっぱり自分は大好きです(汗)

恐らくこの仕事をしている方の多くは自分のことが大好きな気がします。

でも僕よりももっと自分のことが好き過ぎて、こんな自分好きな僕も流石に

足元にも及ばないであろう人が僕の周りには沢山います。

そんな人を見てたまに、ちょっとキツイなぁ・・・と思う時があるので、

僕もそう思われないように、人のふり見て気をつけたいと思います。

話は変わりますが、先日のMILANO、PARISの出張でとてもカワイいニット帽

ブランドを見つけまして、オーダーして参りましたのでご紹介させて頂きたいと

思います。
image

image

image
その名もNiMA 1708!

とても上品で上質、そしてポンポンがフォックスという、大人のカワイい女性に

ピッタリのニット帽です。

2016秋冬は他にも色々なブランドでニット帽をお取り扱いさせて頂く予定ですが、

これは間違いないと思いますが、上質な(これが大切)ニット帽をかぶっている

女性のことを嫌いな男性はいませんし、、むしろ大好きと言って・・・間違い

ないでしょう!!
image
このNiMA、気に入り過ぎて定番の形を含めましてかなりの色数をオーダーして

しまいましたので、是非ご期待下さい。

ちなみにブランド担当の方に、1708年って凄い歴史のあるブランドなん

ですね〜?と質問してみたところ、オーナーの誕生日が8月17日で名前も関係性は

定かではありませんが、お気に入りの女性の名前なんだそうで・・・

どうやらそのオーナーも自分のことが好き過ぎるようです。

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.