biglietta + ring kyoto!?

いやぁ〜、皆様の熱い、熱い要望にお応えしまして、きたる12月1日!とうとうgujiと共に弊社のメンズセクションの一角を担うringが京都にオープンすることが決まりました!?

弊社的には2月にguji e bigliettaの大阪リニューアルに続いて、9月のguji東京のオープン、そして今回のring kyotoのオープンといいことづくめ?です(汗)

気になる場所は?

場所ですが・・・

肝心の場所ですが・・・

実はちょっと言い辛いです(汗)

はい、勿体ぶっていてもどうせ発表するので言ってしまいますが、LAQUE四条烏丸の2階、弊社レディースのbiglietta内にコーナーでオープンします!!

入ってすぐ右側のフローリングのスペースにて展開します。

なぜLAQUE四条烏丸のbiglietta内?

なぜかと申しますと・・・お察し下さい(汗)

正直なところネガティブな理由もありますが、ポジティブな理由の方が多いのも紛れもない事実ですので、オープンさせるからにはもちろん!今までご来店頂いたお客様にも、これからご来店頂くお客様にもワクワクして頂けるようなお店作りに尽力しますので、是非新しい弊社のLAQUE店にご期待下さい!!

先日からちょこちょこと、このFukuonsei BLOGで申し上げておりました、bigliettaとringのコラボ企画なんかも色々予定しておりますので、お一人でもカップルでも大歓迎です〜!

ちなみに12月1日の新生LAQUE店のスタートは、あの人気のJohnstonsのポップアップからはじまり、はじまり〜!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

金曜日には花を買って!?

バブル期に社会現象にまでなったドラマ「金曜日の妻たちへ」の続編として放送されたのが「金曜日には花を買って」。

自称愛妻家にして子煩悩なキャラ設定の僕でも金曜日に花を買って帰ったことは一度もありません(汗)

女性は花が大好きとはよく聞きますが、正直なところ特別な日でもないのに何気に花を買って帰るのはかなり気恥ずかしいですし、仮に買って帰ったとしても、何かを疑われてしまうのではないかと要らぬ心配をしてしまいます(汗)

そんな恥ずかしがり屋の紳士の為に、皆様の大切な女性に喜んでもらえる、でも決して恥ずかしくない、そしてあくまで日頃の行いによるところが大きいですが、疑われる可能性も少ない素敵な花束をご用意させて頂きました!?

しかも弊社の社運を掛けた東京店がそのスタートです!!

円筒状の箱は大きさが4タイプ選べまして、それぞれ生花かプリザーブドを選んで頂けます。

もちろん弊社で花束は作れませんので、ご注文をお受けしまして翌日以降に店頭でのお渡しか配送になります。


弊社の東京店を皮切りに、この花束をプロデュースする花屋さんやネットでの販売もスタートさせる予定だそうで、ちょっと話題になるかもしれませんし、仮に話題にならなくてもお店に花があるということはやっぱり男の僕も志安らぎます。

今後大阪や京都でも展開をスタートさせる予定ですので、もしご来店頂くことがあれば、チラ見だけでもお願いします。

もちろんやっぱり何気に買うのが気恥ずかしい方は、まずは特別な記念日にも最適です。

こういう感じで持って帰って渡すイメージだそうです・・・やっぱりちょっと照れ臭いかも(汗)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

早いって絶対いい!?

敢えての沈黙を破って・・・もとい、バタバタとしていてなかなかお伝え出来ていない、弊社の社運を掛けた東京の新店舗の進み具合(汗)

いったいどんなお店なの?

なんて、とても有難いご興味を持って頂いている方なんてごくわずかだとは思いますが、ほんの少しはいらっしゃるかもしれない、いや必ずいらっしゃるであろうという淡い期待を込めまして、少しご紹介したいなぁ・・・と思います。

はっきり申し上げまして、今までのお店とそう変わりません(汗)

厳密に申し上げますと、2月の大阪店リニューアルとこの東京店をきっかけに、商品、サービスを見つめ直して、皆様によりよい満足感を感じて頂きたい思っております。

ですので、これからのgujiに是非期待して頂きたいという感じです。

とは言え、違うところも少しだけあります。

内装は今をときめく?ninkipen!のデザインですので、ちょっとユーモアがあって他にはない雰囲気が少し味わって頂けるのではないかなと思います。

その他にはやっぱり”あれ”です。

店内にある謎のガラスの家(?_?)

ヒントはこれです⬇️

そんなにもったいぶる話でもないのでサラッと言いますが、そうなんです、店内にクイックリフォームのスペースを設けました!

しかもご協力頂いたのは、東京に進出するや否やその技術の高さとリーズナブルなプライスで飛ぶ鳥落とす勢いの心斎橋リフォームさん。

オープン以来お世話になっている心斎橋リフォームさんのご協力を得まして、職人さんに常駐して頂けることになりました!

パンツの裾上げ、ウエスト出し入れ、シャツの袖詰めは少しお待ち頂くだけですぐにお持ち帰り頂けます。

お修理を待つのも買い物の醍醐味の一つではありますが、やっぱり買ったからには早く着たいと思うのが人情です。

弊社では系列店のringも含めまして、パンツには特に拘って品揃えをしているつもりですので、このサービスは予てより実現させたいと思っておりました。

でもスペースや経費面等の問題でなかなか現実にできませんでしたが、この度!心斎橋リフォームさんのお陰でやっと夢が叶いました。

本当にありがとうございます!

ということで、話が長くなって参りましたので、本日はこの辺りで〆させて頂きたいと思いますが、その他にも少しだけですが新たな取り組みをスタートさせていきたいと思っておりますので、明々後日の9月23日に控えました東京店オープン、少しだけご期待下さいね。

ちなみになんですが、このfukuonsei BLOGは我がbigliettaを陰ながら応援するレディースBLOGです(汗)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

いいね!?INSCRIRE!!


はじめまして、INSCRIREと書いてアンスクリアと読みます。

フランス語で”いいね”という意味らしいです。

ブランドのスタート自体がこの秋冬からということで、ご紹介を頂いてコレクションを一目見て”これいいね!”という話になりまして、ファーストシーズンからお取り扱いを始めさせて頂くことなりました。

僕達がお世話になっている一級建築士事務所ninkipen!の代表、今津康夫氏がよく言う”直感の精度”という言葉があります。

やっぱり仕事も恋も理屈ではないですね。

そんなINSCRIRE、”いいね!”と思ったのは僕達だけではなかったようです(汗)

もう既に大手のバイヤーさんやスタイリストさん、そして雑誌関係の方々の間で話題なっているようで、お問い合わせもかなりたくさんあるそうです(驚)

レディースは本当にメンズに比べると何でも早いです。

我がbigliettaにも最初の入荷がありまして、もう既に店頭に並んでいます。

何だか宣伝みたいでちょっと気恥ずかしい感じです(汗)

でも本当に可愛いです。

実はHERBIS PLAZAの1Fオルガン広場にてINSCRIREのディスプレイをしております。

ということで、もしお近くにお越しになられる機会があれば、話題の?INSCRIREをチェックしにいらしてくださいね・・・と商売っ気満載に本日のBLOGを〆たいと思います(¥_¥)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

僕の”スケベ”度は(?_?)

はい、自称愛妻家にして子煩悩なキャラ設定の僕でも、もちろん女性の水着姿は好きです(汗)

男性で嫌いな人なんているのかな(?_?)

僕の場合はもうアラフォーを通り越して、四捨五入すると50になるアラフィフなので、プールや海に行っても水着を着ている女性を凝視してしまうと、気持ち悪い人と思われるだけならまだしも、注意されたりなんかすると家族に恥をかかせてしまいますので、理性を働かせて見ないようにしています(涙)

ところで僕の周りの男性には色んなキャラクターが豊富におります。

その中には、気持ちは分かるよ!気持ちは・・・でも何でそんなに女の人が好きなん!とツッコミ入れたくなる男性が数多くおります。

そんな男性方々と僕とを冷静に比較してみると、もちろん僕は所謂”ムッツリ”ではありませんが、一般的にはそんなにスケベな方ではないなと自己分析しております(汗)

いつにも増して何の話やねん!?

とツッコマれそうですし、僕のスケベ度合いなんて誰も興味がないのは分かっているのですが、何を申し上げたかったかと申しますと、先日とあるショールームに並べてあった水着ブランドを弊社のバイヤーが見て、ちょっと可愛いからオーダーしてみようかという話になりまして、僕はあんまりジロジロ見るのも恥ずしかったので、それが可愛いいか可愛くないかはよく分からなかったのですが、まあ”旅”がテーマの我がbigliettaなので、少しくらいなら試してみてもいいかなという話になったということが申し上げたかったのです。


新しい水着ブランドのようです。

僕はあまり知りませんでしたが、海外には僕の想像をはるかに超える数の水着ブランドがあるそうです。

価格は¥20000前後ということで、そんなに高くはないそうです。


海外の水着はちょっと露出度が高くて日本の女性には不向きなのではないかなと勝手に思っておりましたが、試着してみたところこのブランドは問題ないそうです。

もちろん実際試着したところは見ませんでしたが、個人的には女性が水着を購入する場合、どうやって試着するのかな?といい歳のおっさんが素朴な疑問を持ってしまったということで、本日のBLOGを早々に〆たいと思います(焦)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

どうか、どうか、 34ができますように☆彡

いやぁ〜、やっぱり結果オーライって最高ですよね!?(汗)

そりゃ〜もちろん、僕も過程があって結果が伴えばそれに越したことはないと思いますが、たまには、ね!

先日のfukuonsei BLOGでご紹介させて頂きました、老若男女問わずに愛されそうなサンダル、その名もMARISA REY。

ご紹介させて頂いた時はまだ検討の段階で、このBLOGを通して皆さんからの熱いリクエストがあれば来年の春夏からスタートできるかも・・・と申し上げておりましたが、案の定、何のリクエストもございませんでした(涙)

にも関わらず!

弊社のバイヤーが気に入ったからなのか、僕の願いを仕方なく聞いてくれたのかは知る由もありませんが、何と!我がbigliettaにしては結構なバリエーションをご用意できそうです。

まあ、何といっても大人の方が気軽に夏のお洒落を楽しめて、凄く可愛いくて、しかもここがとても大切なんですが、履くと上品なのがバイヤーの決め手になったのでしょう。

本当に可愛いです。

気に入り過ぎたので久しぶりに僕も妻に一足プレゼントをしようと思って何色にしようか?素材はサテンとスエードの2種類あるのでどちらを選ぼうか悩んでおります。

やっぱりせっかくの夏なので、キレイ目にするか・・・ここは合わせやすくベーシックにするか悩みどころです(?_?)

でもちょっと待てよ!

小柄で足も小さい妻は間違いなく34なのに35のところにラインが入ってる(汗)

まさか35からのサイズ展開!?

ということで34が作れるかどうか、無理を承知でお願いをしてみました(汗)

いつも申し上げておりますが、家庭を円満に保つ為にはプレゼントは必要不可欠だと思っておりまして、自分が家で気持ちよく過ごす為にも34を是が非でも作れるように、そんなにロマンチストではないのですが、星に願いをしまして本日のBLOGを〆させて頂きたいと思います☆彡

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

お勧めです!二条自動車教習所!?

自分で言うのも何なんですが、ここ最近は少しはまともなBLOGが続いるのでは?と勝手に自負しております。

このいい流れ?に乗って本日ご紹介させて頂きますのは、京都の観光名所の二条城にほど近い、運転免許証をこれから取得しようと考えておられる方に是非お勧めの二条自動車教習所・・・です(?_?)

えっ!?教習所?

レディースのファッションBLOGなのに(汗)

そうなんです・・・またまたやってしまいました(涙)

このfukuonsei BLOGをご覧頂いているただでさえ奇特な皆様の中でも、かなり以前から当BLOGをご覧頂いているという更に奇特な方は覚えておられるかもしれない僕の恥ずかしい大失態。

そう、あれは2年前の秋に起こってしまったパスポート残存有効期間切れによるヨーロッパ出張関空トンボ帰り事件(汗)

あの時感じた、自分が本当に嫌になる感情がまた蘇るなんて・・・

自分のポンコツっぷりに本当に腹がたちます(涙)

忘れもしない4月某日。

自称愛妻家にして子煩悩なキャラ設定の僕は、夏休みの家族旅行の計画を心躍らせながら立てておりました。

旅行は行っている時ももちろん楽しいですが、何と言っても行くまでが楽しい。

色々と試行錯誤しながら、日程、ホテル、そして移動手段の予約を済ませ、現地でレンタカーを借りようと申し込みも済ませました。

あっ!そうそう、そういえばかなり車に乗っていなかったし、自分の誕生日が6月なのでそろそろ運転免許証の有効期限も近いなと何気にチェックしてみると・・・

平成28年7月・・・(汗)

あれ?確か今年は平成2・・・9年(大汗)

まさかの更新し忘れ(汗)

目の前が真っ暗に!(暗黒)

でも待てよ!?

更新の葉書届いてなかったやん!

自分の責任はとりあえず転嫁して、近くの警察に何とかなりませんか!?と懇願しにいきましたが、もちろん自己責任で何ともなりません(涙)

社会のルールに従うのは一般市民の義務です。

ということで泣く泣く弊社の倉庫兼事務所にほど近い、二条自動車教習所に通うことに(涙)

4月末から7月頭にかけまして、せっかくのお休みの日に朝から20歳前後の若者に混じって学科教習と路上教習を真面目に受けました。

仕事もあるのに地獄のようでした(汗)

もちろん最終の学科試験も・・・

基本ホニャララである・・・とか、原則チョメチョメである・・・という引っ掛け問題に漏れなく引っ掛かる僕は、対策本を書店で購入してかなり勉強したのは言うまでもありません。

その甲斐ありまして?無事に免許証の再取得ができました(喜)

何の話やねん!?というツッコミには慣れていますが、結局のところ何が申し上げたかったかと申しますと、免許証の更新し忘れのほとんどが引越しによる更新の葉書が届かないケースだそうで、僕も実は引越しが原因で届かなかったので、皆さんは是非とも僕のようにならないように気をつけて下さい!ということが言いたかったこと、もう一つはもし仮に更新し忘れてしまった、あるいはこれから新たに免許証を取得しようとお考えの方は、二条自動車教習所はとても親切な先生が多いのでお勧めだということだけ申し上げて本日のBLOGを〆させて頂きたいと思いますm(_ _)m

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

振り向けば奴がいる!?(汗)

そう言えば最近ドラマを見なくなりました。

昔は毎週楽しみにしていたドラマがいくつかありましたが、やっぱり1番好きなのはヤマトナデシコかなぁ・・・松嶋菜々子さん演じる桜子さん可愛いかったなぁ〜。

東京ラブストーリーも良かったなぁ・・・

でもやっぱり僕は学園モノで愛しあってるかい!が1番かも・・・なんて考えているとつくづく歳をとったと感じてしまいます(汗)

ということで今回のfukuonsei BLOG、先日お邪魔させて頂きました、我がbigliettaに欠かすことの出来ない、大人の女性の、大人の女性による、大人の女性の為のニットブランド、JOHN SMEDLEYの展示会の模様。

見るからに上質な雰囲気とシーアイランドコットンの極上の肌触り、そしてやり過ぎない、でも何かがちょっと違うデザインは本当に素敵なニットです。

次の春夏はどんなコレクションかなぁ・・・とショールームを見ていると(汗)

ムムッ!

ムムムッ!

あれはもしや!?

先日のSartiに引き続き一見イケメン風の・・・”奴”がいる!?

場所もまったく異なる弊社メンズの系列店のバイヤーなのに、性懲りも無く何故!?

どうやらSMEDLEYでも何か企んでいるような予感(怪)

次の春夏、是非ご期待下さい!

スベリ芸が得意と噂の”奴”なので企画倒れにならないことを切に願います(汗)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

Faliero Sartiの展示会にて何やら怪しげな2人を発見・・・(?_?)

先日の都内某所?・・・というより明らかにFaliero Sartiの代理店さんのショールームにて(汗)

2018春夏Faliero Sartiの展示会に行って参りました。


僕が思うにFaliero Sarti、所謂Sartiはことストールに限定させて頂きますと、世界No.1のブランドと言っても過言ではないと思っています。

ただここ数年、ストールよりはスカーフがトレンドということで、はっきり申し上げてそんなには売れていません(汗)

でも実際物を手に取って見ると、トレンド云々ではなく、その素晴らしいクオリティとデザインは健在ですし、違いの分かる根強いファンの方も確実におられます。

ですので、いつかまたやってくるであろうストールのトレンドに備えて、我がbigliettaでも数量控えめでお取り扱いをし続けております。

ここで朗報!?

あくまでSartiの代理店の方曰くなので信憑性には欠けますが、ほんの少しづつストールの風が微風ですが吹きつつあるという・・・(?_?)

ほんとかな?とは思いつつ、Sartiのファンの僕達はまだ時期尚早かもしれませんが、やっぱりコレクションは素敵ですので、その”微風”とやらを信じて、ほんの少しだけ発注を多めにするかと検討していたところ・・・誰?あの男性?

背が高くて一見イケメン風?

だけど何かがイケメン風ではないような?

実は弊社はメンズでgujiとringという異なる2つのお店がありまして、そのringセクションのバイヤー担当でした。

何故その彼が一緒に?

確かにringではSartiのメンズをお取り扱いしていますが・・・

聞くとどうやら、メンズのringとレディースのbigliettaでプチイベントを画策しているようです。

まったくお店の場所も違うringとbiglietta、どういうプチイベントになるのかは定かではありませんが、この不穏な動き?来年の春夏に是非ご期待下さいませ〜!

ちなみに今回のコレクションの1部をチラリと⬇️


やっぱりいいもんはいい!

そう思わせる素晴らしいストール達でしたとさ(^_−)☆

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

アラ管?の皆様、お待たせ致しました〜(?_?)

アラ管・・・(?_?)

皆さんはご存知でしたか?

ネットで”アラカン”を調べてみると、アラサーやアラフォーのように60歳前後の方のことをそういうそうです。

では”アラ管”で調べてみると、女性で管理職に就かれている方、もしくはもう間も無く就きそうな方を”アラ管”というそうなんですが、最近は色んな造語が多くてついていくのがやっと・・・いえ、まったくついていけません(汗)

兎にも角にもお取引先さんのお話では、最近巷でアラ管女性が増えているということで、その方達に向けたちょっと格好いい装いが注目されているそうです。

でも・・・我がbigliettaのお客様にはアラ管の方はいらっしゃらないような気がするのですが、ひょっとしたら隠しておられるのかもしれませんね。

OWNという雑誌が創刊されているそうです。

これからの時代を生きる”ジェントルウーマン”へ向けた新しい女性誌だそうです。

表紙は吉田羊さん。

格好いい女性のイメージにピッタリ!

こういう女性って確かに素敵です。

でも個人的にはこういう女性にこそ可愛い洋服が素敵かなと思うのは僕だけではないはず。

格好良く自立はしているけれど、やっぱりどこかに可愛いさがあるなんて、本当に理想的な女性・・・とは思いますが、男性でいうと、仕事バリバリで優しくて、でも男らしいということになりますので、そんな方は男女問わず中々いらっしゃらないですよね。


ということで何が申し上げたかったかと申しますと、弊社のメンズで大変お世話になっております、日本を代表するジャケットファクトリーRING JACKETさんが、この度!アラ管の方に向けてレディースをスタートされるということで、見に行って参りました。

お客様から入学式なんかのオケージョン用のジャケットや、ゴルフに行く時に軽く羽織れるジャケットのリクエストを頂いておりましたので、我がbigliettaではそちらの方向で前向きに展開を検討しております。

もちろん隠れアラ管の方がおられれば、重要な会議やプレゼンにもピッタリかと思いますので、もし展開をスタートしたあかつきには、日本が誇る最高の着心地を確かめにいらして下さいね!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
上に戻る